絵描きの私が体験した事や作品制作の事などを書いています
制作日記:
個展の案内状を昨日 投函いたしました
数日で関西地区の皆様に届くと思います
京都個展DM

作品配置図を書いたり
ポストカードを印刷したり
事務的な事をしたりしています

日々の出来事:
木の幹が何かの 生き物に見えました
木の幹
見つけた時 
ワクワクした 私です
スポンサーサイト

【2016/09/29 15:20】 | 絵の事
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
制作日記:
今日は知り合いの個展へ(写真)岡崎方面の画廊さんへ出向く
草木と家屋の世界が 「時を刻んでいる」と感じる作品達でした

会場に いらっしゃった お客様の絵描きさんともお話ができ 
私の個展にご興味をもってくださっていました 
遠方の方の様でしたが 
ご都合あって 観に足を運んでもらえたら いいなぁ~~~と思いました

偶然 会場で作家のT先生と出会い 
美術館の別館でT先生の絵が展示されていると聞き 会場へ
黄色と黒の世界がありました
他の方々の作品を一通り観 
主催者さんが 20代の時に互いが絵描きとして模索していた時代を知っている方だとわかり
いらっしゃったら いいなぁ~~~と思ってはいたものの
お忙しいだろうし・・・・まぁ 偶然 会えたらで いっか!と思いつつ 会場を後にしようとした時
主催者のYさんが私の横に!
お互いにビックリ!!!!!で
20代に戻ったみたいに 「わ~~~~~~Yさん! SAKIさん!」と
手を合わせ 握り合い キャアキャアとハシャイジャイマシタ
お弟子さんがいっぱいいらっしゃるYさん 会場のお弟子さんは
師が少女の様にはしゃぐ姿は ビックリだったのではと思います

私としては Yさんに出会えてよかったです

日々の出来事:
我家のベランダを守ってくれている
守宮(家守・ヤモリ)さんが 網戸に いらっしゃった
守宮(家守・ヤモリ)さん
ヤモリさんは 「家守」と書き 家を守ってくれるといい
古来から縁起物として大切にされています 
夏前頃から 住み着き始め小さかったのですが この数ヶ月で大きくなってきました
可愛らしい 我が家のベランダの主様です

寒くなったら我家としては 室内に入ってくれてもいいんだけどね



【2016/09/28 17:42】 | 自然
トラックバック(0) |
制作日記:
本数 限定の
しのぶ石(水晶タイプ)のペンダントトップ作を始めます
その水晶の名前は「デントリテッククオーツ」といいます
ジュラ紀後期 約1億3900年前
産地 ドイツ・ゾルンフォーフェン
水晶に二酸化マンガンが水溶の状態で
浸透し入り込み
微細な粒となって壁面に沈殿し
美しいシダ状(シノブグザ)の模様となったモノ
です
自然に出来たモノなので 同じモノがありません
非常に希少性の高い石です

ちょっと 長いですが 説明しますね↓
まさに自然が生み出したアートともいえるこの石は
古代ギリシア時代から知られていて
永久に枯れない樹木を封じ込めた石だと考えられていました
実際は植物の化石ではありません。デンドライトの語源は
ギリシア語のデンドロン(dendron 樹)です

和名を忍石 模樹石といい 一見植物にも見える内包物は
水に溶け込んだ二酸化マンガンが堆積岩や水晶などに
微細な粒となって壁面に沈殿したもので その粒が連なってできたものです
基本的に世界中で産出されますが
現在良質なもののほとんどはブラジルの一部の鉱山から産出されています
その植物の模様から豊穣のお守りとされ
自然の持つ流れに沿い 物事を上手くいかせるための助けをしてくれる
お守りとして珍重されてきました
偉大なる自然や大地を保護するパワーをもつとされる石で
肉体や感情、精神のバランスを保ち浄化と再生を行い
自己をより高度なものに導く力があるとされます


その石を使い 作るんです
春に東京で開催した 個展で数点 展示いたしましたら
ご好評いただき ありがたい事に石の主様が見つかりました
石(水晶)は持ち主を守るという役目をいたします

これから 京都個展で展示する 
モノを本数限定になりますが 私がイイと思った 石(水晶)を用いて 作ります
個展会場にて観ていただけましたら 嬉しいです
ご縁があり 石達の主様が見つかれば 更に嬉しいです

日々の出来事:
先日 友人Tさんから頂いた チョコレートカステラ
上部に レーズンが散りばめてあり その散りばめてある箇所は
食べれない私(一般的なドライフルーツに使われてている防腐剤・漂白剤が私のアレルギー物質なのです)ですが
上部 半分を旦那に食べてもらい
私は下部 半分をいただきました 
しっとりしてて チョコレートの風味が効いてて すっごく美味しかった
ご馳走様でした!カステラ
また 食べたいと思う 美味しさでした

【2016/09/27 09:03】 | 絵の事
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


Reさんへ
たかのさき
ブログ 読んでいただてて
ありがとうございます
電話 私では無いと思います(^^:)

昨日 DM 送りましたので
数日内に お手元に届くかと思います
予定 了解いたしました

しのぶ石(水晶タイプ)観ていただき
相性のイイ モノがあればイイなぁ~~~と思います(^0^)V

作品を観ていただけるのを 楽しみにしております
どうぞ よろしくお願い致します



この場所を借りて(^^♪
Reちゃん
先日ケータイに℡を下さってた? 全然気が付かなく
・・・ご免なさい<m(__)m>
ブログ閲覧をしていますので、さきさんの個展開催
知っています。
しのぶ石(水晶タイプ)に興味あります。
多分?10/15(土)に友と一緒に伺えるかと
思います。 その時宜しくお願いします。

コメントを閉じる▲
制作日記:
ダチョウのタマゴ&豚の生革 アクセサリー作りに勤しんでいます
ダチョウのタマゴ&生革
しのぶ石(水晶タイプ)のペンダントトップ作りもそろそろしなきゃ!
このペンダントトップは数本の限定になると思います
私がイイと感じる 石(水晶)のみ で作るから 数が少ないんですよね

日々の出来事:
鴨さん達の くつろぎ時間に遭遇しました
夕方でした 多分もう寝る準備なんでしょうね
等間隔に並んで くつろいでいます
鴨の等間隔
これが  
「パーソナルスペース」というモノです

パーソナルスペースとは
他人に近付かれると不快に感じる空間のことで パーソナルエリアとも呼ばれます
一般に女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが
社会文化や民族 個人の性格やその相手によっても差がある そうです

一般に、親密な相手ほどパーソナルスペースは狭く(ある程度近付いても不快さを感じない)
逆に敵視している相手に対しては広い
相手によっては(ストーカー等)距離に関わらず視認できるだけで不快に感じるケースもあります

これは 全ての動物に当てはまります
鴨さん達も 自分たちの空間をきっちり保ってるんですね
生きていく為には 大切な事ですよね

【2016/09/26 08:51】 | 自然
トラックバック(0) |
制作日記:
ダチョウのタマゴ&豚の生革 アクセサリー作りに勤しんでします

日々の出来事:
夜の散歩で
白い彼岸花を見かけました
毎年 同じ場所で咲いてくれるから(球根) 
お彼岸の楽しみの1つなんです
夜 見ると 一段と 神秘さが増しますね
綺麗でした
白い彼岸花

【2016/09/24 17:40】 | 自然
トラックバック(0) |